×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にきび痕 凹凸

にきび痕で凹凸になってしまうのは?

イメージ左

にきび痕の凸凹は、放置が原因?

にきびは、皮脂の分泌量が多くなり、毛穴に詰まるとできてしまいます。

毛穴が詰まり放置しておくと、菌が繁殖してしまい赤みを帯びます。

にきびは、放置しておくと、悪化してしまいます。早めのケアが必要です。

にきび痕の凸凹は、にきびを放置していると起きてしまいます。

または、にきびを潰すことに失敗してしまったことです。

にきび痕の凸凹を治療するのは困難

キーワードを含め紹介(右より画像)

ニキビ痕と呼ばれているものは、いくつかの種類に分けることができます。

種類としては、「赤み」・「シミ」・「凸凹」の3種類になります。

「赤み」・「シミ」の2種類は、ニキビケアをすることにより、

薄くしたり消したりすることも可能な範囲になります。


「凸凹」になってしまった種類では、薄くできても完全に消すのは難しいです。

凸凹は、にきびの炎症が毛穴を破壊してしまった状況になります。

クレーターと呼ばれるものになるため、完全に戻すことはできないです。


専門医と相談の上、ピーリングにより改善される場合もあります。

にきび痕になる前に改善を

キーワードを含め紹介(左より画像)

にきびは、皮脂の分泌で毛穴が詰まることにより発生します。

皮脂の分泌は、顔・背中・胸元などが多いところになります。

つまり、にきびの出来やすいところになります。


毛穴のあるところにニキビが発生します。

にきび痕は、にきびができた時に放置しておくことが問題です。

日ごろからお手入れをしてあげることで、改善されるでしょう。


肌に潤いを与えてあげることが大切です。保湿をたっぷり補給します。

潤いを与えることで、にきびのできにくい肌に変わっていきます。

にきび痕の赤みとシミについて

赤みが残る

にきびは、炎症が起こり赤みを帯びることがあります。その赤みは、消えないこともあります。そのまま放置しておくと、日焼けによりシミになることがあります。ビタミンC誘導体配合やイオン導入などでケアを行います。

シミが残る

赤みの部分でも記載しましたが、赤みを放置しておくと日焼けによりシミに移行することがあります。シミは、時間が経てば消えることもありますが、そのまま残ってしまうこともあります。美白化粧品によりケアしましょう。

にきび痕の凹凸を治すためにすることは、肌のトラブルに強い健康な肌を作ることです。

美肌を育成することが大事です。

にきびを潰してしまっている人は、今は良くても、後で気になってきます。

潰すのが癖になってしまう人もいます。美顔器を購入したけど、面倒で使用しなかった人もいます。

自分流で潰していたのは、よくなかったです。

あご周りににきびができて、これが大人にきびだなと感じました。

食べ過ぎた日や睡眠不足があるとボツボツとにきびができるようになります。

にきびが治ってきても痕が顔中に残ってしまい、コンシーラーやファンデーションでも隠し切れず、

マスクで顔を隠して出勤していました。誰かににきび予防のための専用をプレゼントされました。

スッピンで外出ができるようになりました。

日々ケアをしていると最初は効果の実感を得られませんでした。

しかし、だんだんと肌の調子が良くなっていることに気づきました。外出することが楽しいです。

Copyright © にきび痕の凸凹を消したい All rights reserved